会計事務所には税理士と会計士の二種類ある!

混同されやすいもの

ちゃんと雇っている会社は、やはり雇っていない会社よりも成果が上がりやすい。それは税理士を東京で雇うことで明確な帳票と税務が行えるからです。

一般人にとってそれほどまでに関わり合いがないために、どうしても混同されやすくなりがちなのが税理士と会計事務所の関係です。これらはどちらも同じような仕事に見えてしまいがちなのですが、厳密には違うニュアンスとなって利用される言葉ですから、勘違いしてしまうとなんだかわけのわからないことになってきたぞ・・・ということにつながりかねません。

まずそもそも、税理士と会計事務所の言葉が混同されやすいのは会計事務所という言葉の響きと税理士の会計業務が混同されるからでしょう。会計事務所というのは造語であり、本来ならば会計士事務所と呼ばれるべきなのです。ですから、狭義の会計事務所とは税理士の事務所ではなく公認会計士の事務所を指すのです。

こうなってくると、今度は税理士と公認会計士が混同されているということが問題として浮き彫りになってきます。ですから、次にこの二者の違いについても理解する必要が有ると言えます。世間一般では税理士よりも公認会計士のほうが格下だと言われていますが、実際には逆なのです。公認会計士のほうが税理士よりも格上であり、こういった誤解が生まれてしまうぐらいややこしい問題となっているのです。

ですから、違いと用途と業務を知ることで、この二者について比較検討することができるようになります。

リスクを最小限に抑えるべく事前対策に重点を置いてくれる横浜の税理士のWEBサイトならお客様に役立つ情報を多岐にわたって配信しております。

by lasamericasfilms.org 0

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.